ゴルフレッスン

ゴルフの基本とテクニック記事一覧

スクエアグリップ

グリップの基本の握り方を紹介します。スイングを気にする方がグリップをあまり気にしていないのには驚きます。グリップがおかしいといいスイングは決して出来ないでしょう。左手の握り方グリップエンドより約1インチあけて、グリップのちょうど真後ろのラインを人差し指の第2関節から小指の付け根部分にかけて添わせるよ...

≫続きを読む

 

セットアップ 打つ前の準備

ボールを打つ前には正しいセットアップをすることが必要です。正しいグリップ、ボール位置の確認、スタンス幅、ポスチャ―(構え)、アライメント、これらを全て正しくセットした上でスイングすることがとても大切です。ミスショットはスイングだけの問題ではないのです。スタンス幅スタンスの広さは人それぞれの体格、使用...

≫続きを読む

 

スイングとは回転

スイングを気にするあまり、肝心のヘッドに意識が言っていない方が多いです。ボールを打つのはあくまでもクラブヘッドです。自分の体の動きとヘッドの動きにはもちろん関係があるわけです。腕をどのように動かせば、ヘッドがボールに対してスクエアに当たるのかなど、しっかり意識することが上達の一歩です。左肩が支点回転...

≫続きを読む

 

オンプレーンスイング

オンプレーンスイングとは、一番効率よく、まっすぐにボールを飛ばすことが出来るスイングです。スイングプレーンを意識することはゴルフ上達に欠かせない要素です。自分のスイングがこのプレーンからはずれていないかをチェックしてもらうと今後の課題が見えてきます。オンプレーンスイングはスイングの分割をしてチェック...

≫続きを読む

 

正しい肩の回転

肩の回転 正面から見た状態肩の回転 前方から見た状態右肩の高さスイング中の右肩の高さは重要なポイントです。右肩と左肩の高さはアドレス時には同じに高さにありません。同じ高さではミスの原因になりやすいです。USGTFでの定義では、チルトと呼ばれるものでセットアップの重要な要素です。自分の右肩がどの高さを...

≫続きを読む

 

腰の回転する方向

正面から見た状態前方から見た状態左腰は斜め上に回転させる。腰の回転がゴルフスイングでは重要です。腰が回る方向は身体の構造上、ある程度決まっています。腰の回転があらぬ方向に回転しようとすると、腰が詰ったようなスイングになり、色んなミスが出ます。直立状態で腰のベルトラインにシャフトと当て、腰を回転させる...

≫続きを読む

 

右わきを締めると何故いいのか?

これはグリップが体のどの位置にあるかに関係します。バックスイングで腕を後ろに引いてしまう癖がある人は、トップで右わきが空きやすいです。この腕を後ろに引く行為、実はすごく無駄な動きです。ボールを打つという行為を、つい腕を振り上げてやってしまうのが普通の人の行動です。ボールを打つ=野球というのが一般的に...

≫続きを読む

 

ダウンブローの打ち方

よくダウンブローに打つ方法を教えて欲しいと言われます。打ち込んでみたり、フェースをかぶせてみたりと色々皆さん苦労されているようです。このような質問をされる方は、どちらかというと熱心な方で、よく雑誌なども読まれる方です。ダウンブローに打つにはスイングプレーンをよく理解している必要があります。スイングプ...

≫続きを読む

 

スイングが肉眼で見えるはずがない!

ビデオティ-チングの重要性はっきり言ってしまうと、どんなすばらしい先生が見ても肉眼でスイングをすべて見ることは不可能です。ただ明らかにここがおかしいなってことは大体で分かる時はありますが、細かな部分まで分かるはずはありません。見るポイント肩の開き上体の伸びあがりリリースのタイミングインパクト膝の角度...

≫続きを読む

 

2軸スイングと1軸スイング

2軸スイングと1軸の違いって?体重移動2軸2軸スイングは主に体重移動をしながら行うスイングです。1軸1軸は左に軸をを置いたまま打つ。正確性2軸スウェイなどミスがで安い、下半身が弱い人には不向き。1軸左足だけに体重を置いて打つのに近いので、正確性は高い。飛距離2軸問題にならないくらい1軸に比べて飛ぶ。...

≫続きを読む

 

スイングのタイミングとテンポ

タイミングスイングではインパクトの時、フェースをスクエアに戻しスイングパワーをボールに伝えていくタイミングが非常に大事です。クラブリリースの際、フェースの返しが遅れればボールはスライスして右に飛び出しますし、逆に返しが早ければフェースが閉じてボールは左へひっかけて飛び出します。全く同じタイミングでス...

≫続きを読む

 

トラブルショット

トラブルショットはゴルフにはつきものです。常にフェアウェイキープ、グリーンオンすることは一流の選手でさえも不可能です。トラブルショットを磨くことがゴルフ上達には欠かせません。傾斜の場所からのショットでは、練習スイングを行い、スイングの最下点(ヘッドの落ちる場所)をしっかり確認しましょう。アップヒルの...

≫続きを読む

 

飛球の法則 ナインボールの法則

飛球の法則を理解すると、なぜボールがスライスしたり、フックしたり、高いボールや低いボールだったり、飛距離が出たり出なかったりするのかが理解できます。それにスイングのミスの調整を行いやすくなります。左へ飛び出すボール1、プルフック2、プルストレート3、プルスライスまっすぐ飛び出すボール4、ドロー5、ス...

≫続きを読む

 

スタック&チルト(ティルト)打法

アンディー・プラマーとマイク・ベネットというティーチング・プロが生み出した理論と言われています。今までにない斬新な理論で、このスイングは一時話題になりました。スイングにはこちらでも書いたように1軸スイングと2軸スイングがあります。このスイング打法はいわゆる1軸スイングになります。1軸のいい点は軸が安...

≫続きを読む

 

ワンプレーンスイングとツープレーンスイング

2012年6月下旬公開予定です。

≫続きを読む

 

ゴルフ ブログランキングへ

USGTF所属(USGTFジャパンティーチングプロ資格) 藤井孝夫

レッスンDVDは実際に藤井が見て検証してます。
内容によってどんな方にむいているDVDなのか、解説させてもらってます。


DVDの暫定ランキング

分からないことは聞いてください。
DVDを内容を藤井がメールサポートしています。
補足説明などもありますので、遠慮なく御連絡ください。
現在、お陰様でたくさんの質問をいただいておりまして、すぐにお返事できない場合もありますが必ずメールいたします。

内容で不明な点は質問お待ちしています。


質問やメッセージがあればいつでも御連絡ください。

質問メールフォーム

上達メールマガジン
ゴルフ上達のメールマガジン、本当に上手くなりたい人だけ登録してください。

お名前
メールアドレス
メールアドレス確認