ゴルフレッスン

コースマネージメントにおいて重要なこと

1、完璧なショットは打てない

 

2、最悪のトラブルを避ける

 

コースマネージメントとはコースへの戦略を立てること

 

ゴルフの試合において重要なことは、会心のショットの質ではなく、
ミスショットの質であるというのはツアープロであれば誰でも知っていることです。

 

コース戦略の鍵は、各コースの最悪な地点にボールを打ち込まないようにすることです。

 

ゴルフのにおいて完璧なショットは必要ではありません。
ミスショットを想定してプレーするのとそうでないのとでは、スコアに大きく影響します。

 

 

 

ティーショット

ティーショットにおいて重要な事は自分の基本的な持ち玉、
つまりフック系、スライス系かの自分の飛球の種類です。

 

ストレートだという方は、ミスは右か左か多いほうを考えます。

 

ティーアップする位置

 

スライス系  
ティーグランドの右寄りにティーアップし、コースのやや左を狙い、着地点を広く使えるようにします。

 

フック系
ティーグランドの左寄りにティーアップし、コースのやや右を狙い、着地点を広く使えるようにします。

 

コースの片側に池など、ハザードがある場合

 

持ち玉に関係なく、ティーグランドのハザード寄りにセットしてショットする。

 

ピンの位置によっても考える(上級者)

 

ピンお位置がグリーンの左寄りにあれば、フェアウェイの右を狙うことでアプローチしやすくなる。
右側はその逆。

 

 

アプローチショット

基本的にはグリーンのセンターを狙いましょう。

 

ピンが左にある場合、フック系の人は、絶対にセンター狙い、
間違ってもピンを狙ったりはしないようにしましょう。

 

なぜならグリーンの外からボールを曲げる場合の危険度が高すぎるからです。

 

スライス系、フック系に関係なく、通常通り曲がっても、
ストレートにボールがとんでもグリーンにオンするようにアプローチしましょう。

 

上級はピン狙い

 

上級者はピンをデッドに狙い、腕を磨きましょう。

 

初心者の基本

 

初心者のうちは基本的に、バンカーなどは避けましょう。
パー5でグリーンに届かない2打目の距離であれば、3打目の状況を考え、
3打目にバンカーなどが邪魔にならないためには、2打目をフェアウェイのどちら側へ置けばいいかを考えましょう。

 

ショットの不安の前にコースをしっかり把握することが先決です。

 

上級者

 

どんどん攻めましょう。

 

 

コースマネージメント記事一覧

コースマネージメント 最善の選択

コースマネージメントの考え方は人によって少し違うのではないかと思います。僕の場合のコースマネージメントとは最善の選択です。最善の選択をする場合に必要なことは、冷静な状況判断です。スイングに心配が多い人にコースマネージメントしろと言っても難しいのは、意識がコースにではなく、スイングに行き過ぎているから...

≫続きを読む

 

ゴルフ ブログランキングへ

USGTF所属(USGTFジャパンティーチングプロ資格) 藤井孝夫

レッスンDVDは実際に藤井が見て検証してます。
内容によってどんな方にむいているDVDなのか、解説させてもらってます。


DVDの暫定ランキング

分からないことは聞いてください。
DVDを内容を藤井がメールサポートしています。
補足説明などもありますので、遠慮なく御連絡ください。
現在、お陰様でたくさんの質問をいただいておりまして、すぐにお返事できない場合もありますが必ずメールいたします。

内容で不明な点は質問お待ちしています。


質問やメッセージがあればいつでも御連絡ください。

質問メールフォーム

上達メールマガジン
ゴルフ上達のメールマガジン、本当に上手くなりたい人だけ登録してください。

お名前
メールアドレス
メールアドレス確認